寿陵(生前墓)とは?


生きているうちにお墓を建てる人が増えています。これを寿陵(墓)あるいは生前墓と呼びます。

 見たことのある方も多いと思いますが、朱色で名前や戒名が刻まれているお墓が寿陵です。

 民間の霊園では最近、申込者の多くが生前にお墓を求めていると言われています。

 中国古来では、生前にお墓をたてることが長寿を授かる縁起の良い事とされていました。

 古書にも「寿蔵」「寿穴」「寿堂」などと書かれており、秦の始皇帝をはじめ歴代の皇帝は皆寿陵墓を建てています。

 最近では縁起のためだけでなく、子供に負担をかけたくない、または自分の気に入った墓碑銘や石、場所などを選びたいという人が寿陵墓を建てているようです。

寿陵の意味は?

 寿陵の「寿」という文字は、”じゅ”と読んで、長寿・長命などいのちを長らえるという意味で使われます。

 また、”ことぶき”と読むときには、おめでたい祝いごとを表します。 そして「陵」は”みささぎ”と読み、中国では古くから「皇帝の墓」という意味で使われてきました。

 日本でも天皇の墓を「御陵(ごりょう)」と呼んでいます。

寿陵墓は縁起が悪い?

 生きているうちにお墓を建てると早死する、または悪い事が起きるという人も多いようですがそれは迷信です。

 「寿陵」の寿の字が示すように「家に幸せをもたらし、長寿が約束される」といわれ、大変おめでたいお墓なのです。

 仏教の教えにおいても、「寿陵」を建てることは、「逆修(ぎゃくしゅう)」、すなわち「生前、自分のために仏事をいとなみ、冥福を祈る事」を為すことになります。

 「逆修」は善根を導き、それによって功徳がもたらされます。

 そして「功徳」はさらに、子から孫へと残すことができ、未来の繁栄と幸福につながると言われています。

 今までは、身内が亡くなったあと、法要等にあわせてお墓を建てる人が多かったのですが、お墓をいつ建てるべきかについては仏教の教義の上でも特に決まりがありません。

 思い立ったときこそが、お墓購入の最良の時期といえます。

 生前に自分の「寿陵墓」を建てることも選択肢の一つでしょう。